8年越しの花嫁 を見ました。純愛です。

上映 2017年 松竹

上映時間 119分

監督 瀬々敬久

キャスト 佐藤健 土屋太鳳

内 容

始めは、合コンで出会い出会いこそ余り良く無かったですけど二人は付き合うようになり結婚の約束をして幸せの絶頂にいたはずなのに結婚式の3ヶ月前に麻衣が原因不明の病に倒れこん睡状態に陥ってしまう。尚志は、毎朝 出勤前に麻衣の病院に顔を出し麻衣の回復を祈ります。数年後、意識を取り戻しますが両親の記憶はあるが尚志の記憶はない。尚志は、二人の思い出の場所に連れて行くが麻衣は思い出すことが出来ず麻衣に別れを切り出す。

自分も意識障害3ヶ月でしたが、ありがたいことに大体覚えてました。

尚志の「思い出すために無理して欲しくない。」

麻衣が思い出すために病院を抜け出し尚志のマンションを見に行き車椅子が倒れて病院に運ばれる。麻衣は、麻衣なりに思い出す努力をしていたのだけど尚志にはそれが辛くて。プロポーズした場所に麻衣を連れて行き、「無理をしなくていいよ。自分を大切に生きて欲しい。苦しまなくていいんだ、もう会うのは止める。」と言って別れをきりだし、小豆島の自動車工場に行ってしまう。」

数年経ったある日、麻衣が尚志に会いに小豆島まで一人で来ました。

父親は、「一人で行かせて大丈夫か?」と心配顔でしたが母親は「一人で行かなくっちゃ!」

と麻衣は、小学校でブランコを修理している尚志に会いますが自分で行くから待っててと尚志を止めて車椅子で尚志の前まで行き「今でも思い出せないけど、尚志さんを又好きになりました。」「尚志は、ずっと好きでした。」麻衣を立たせて一緒に歩き出しますが、ここで、「これからも一緒に歩いて行こう!」

それから、二人は無事に結婚して子宝にも恵まれました。

果たして、婚約者がこんな状態になって何年まてますか?治るかどうかわからない病気に掛かってしまって。本当の恋心を忘れてしまった方に是非見て欲しい作品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする