50回目のファースト・キス(日本)

50回目のファースト・キス 君を絶対、幸せにする。君が明日、僕を覚えていなくてもー

公 開   2018年6月1日

主 演   山田 孝之 長澤まさみ

監督・脚本 福田 雄一

主題歌   平井 堅

あらすじ

ハワイで観光客のコーディネーターをしながら、天文学の研究をしている弓削大輔(山田)プレイボーイ。偶然カフェで出会った藤島瑠衣と云う女性に一目惚れをする。

しかし、次の日カフェに瑠衣に会いに行くが大輔の事を全く覚えていなかった。瑠衣は、交通事故で後遺症が残ってしまい記憶が1日で消えてしまうという生涯を抱えてしまった。家族の父と弟の慎太郎の手でその事実が隠されていた。

真実を知った大輔は、瑠衣が大輔の事を忘れてしまう事を承知で 毎日色々な手段(トーク)で瑠衣に愛の告白を続ける。

瑠衣が突然その事実を知る事件が起きました。カフェで警察に車が車検切れだと告げられる。

カフェの新聞で、自分が知る日付よりかなり先の日付が記されていた。

父に事故の事を告げられる。翌日大輔は瑠衣の大好きな百合の花と、DVDを持って瑠衣に愛に来る。

そこには、瑠衣の知らない事実があった。

瑠衣は、それから毎朝DVDを朝起きるとDVDを見て自分を知り携帯で大輔との写真・動画を見て大輔との日々を知ります。

気持ちは、いつまでたっても付き合いたてのまま その日のキスは、いつもファーストキスだった。

一方大輔は、研究が認められ大きく踏み出そうとしていた。

家族と大輔の会話を盗み聞きしてしまった瑠衣は、大輔に取って自分は成長の足かせになると思い大輔に別れを告げます。毎日思い出すための写真屋動画を消します。

大輔がワシントンに旅立の時に空港に見送りに来た父(佐藤)から瑠衣は、研究所で療養生活に入ったことを知らされる。

一緒に生活を送ることを夢見ていた大輔だったが飛行機の中で思いなおし、飛行機を降り瑠衣のいる研究所に向かう。

研究所では、瑠衣があなた誰?とアトリエに連れていかれ一面に大輔の絵が掛けられいるのを見る。そこで、抱きしめあいファースト・キスをする。

そして、ロボットが寝ている瑠衣を起こす。DVDが流れる。

子供ができ、南極?北極?の観測をしていた。

感 想

原作のハリウッド版も見てますが、やはりいい映画は、リメイクしてもいいですね。

山田の「闇金ウシジマクン」の山田のと違い爽やか好青年でした。

長澤まさみ は、モテキとは違い1日で記憶をなくすという難しい役を演じてました。

色っぽいお姉さんという勝手なイメージでしたがイメージを払拭させてくれました。

やはり、乗りに乗っている配役でオリジナルとは又、違った作品でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする